妻をねとらば〜差異ありて みめ卑しく 情けなし〜 徳永しおり

レビュー

うら若き美人編集者との老いらく恋に走った老作家。妻として娶るも、妻の若い肉体を満足させることができない。ふと、脳裏をよぎる妻の浮気。「妻をねとっている男はどんなヤツなのだ!」 日に日に膨らむ妄想。姿なき間男への嫉妬が老作家を狂わせていく。

妻をねとらば〜差異ありて みめ卑しく 情けなし〜 徳永しおり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。