熟女

【特価】名器を持つ美熟女有望さんとの中出しセックス!濃厚なフェラでチ○ポを勃たせバックで合体。気持ち良くて吸い付くマ○コが、チ○ポを締め付ける。潤滑液たっぷりマ○コに正常位。奥を突くと、すぐにチ○ポは爆発寸前。「オマ○コで出して!」という彼女に精子注入! ドキュメンタリー

【特価】名器を持つ美熟女有望さんとの中出しセックス!濃厚なフェラでチ○ポを勃たせバックで合体。気持ち良くて吸い付くマ○コが、チ○ポを締め付ける。潤滑液たっぷりマ○コに正常位。奥を突くと、すぐにチ○ポは爆発寸前。「オマ○コで出して!」という彼女に精子注入!

美熟女新堂有望さんの名器ハメ撮り中出しセックス!濃厚で巧みなフェラでチンポをビンビンに勃たせると、彼女がチンポを誘導してバックで合体。チンポが気持ち良くて吸い付くマンコ。更にチンポを締め付け離さない。「ぬめぬめだ」という彼女の潤滑液たっぷりマンコに正常位合体。名器を味わう奥突きで、チンポは即発射寸前。「出ちゃう」という声に「オマンコで出して!」と答える彼女のマンコに精子注入完了!いやぁ名器って、本当にイイんですね。
【特価】美魔女系咲流さんの顔にM男達が精子をぶっかけまくる。彼女主導で騎乗位合体、M男チ○ポは途中で萎えてしまい手コキや乳首責めされるが復活せず。すると電マでオナニー始め、イッた彼女の顔に濃い大量の精子が降り注ぐ。終わってみたら大量精子で顔面パック状態! オナニー

【特価】美魔女系咲流さんの顔にM男達が精子をぶっかけまくる。彼女主導で騎乗位合体、M男チ○ポは途中で萎えてしまい手コキや乳首責めされるが復活せず。すると電マでオナニー始め、イッた彼女の顔に濃い大量の精子が降り注ぐ。終わってみたら大量精子で顔面パック状態!

淫乱で美魔女系卯水咲流さんの顔にM男達の大量の濃い精子がぶっかけられる!彼女主導で騎乗位合体するも、何とM男チンポが緊張の為、途中で萎えてしまう。手コキ、キス、乳首責めするも復活せず。すると咲流さんは電マでM男達に見せつけオナニー開始。イッてる彼女の顔全体が、M男達の発射の的。口に鼻に目に、濃くてどろどろの精子が大量にぶちまけられる。完全に顔面パック状態で電マオナニーでイキ果てる咲流さんでした。
こんなクンニって有りなの!?お前だってヨダレだらけのおマ○コでヤメてくれは無いだろう!もうおかしくなりそう… 早く挿れてください… 小早川怜子・加藤あやの・福山いろは クンニ

こんなクンニって有りなの!?お前だってヨダレだらけのおマ○コでヤメてくれは無いだろう!もうおかしくなりそう… 早く挿れてください… 小早川怜子・加藤あやの・福山いろは

理屈じゃわかっているのに、それを知ってしまった人妻達による背徳と言う名の快感劇場。人妻怜子は義父にオナニーを目撃され、その込み上げる性欲を義父へとゆだねる。昼下がりに一人の男を待ちわびる人妻あやの。それは夫の父親だった。昔付き合っていた上司と再会するいろは。夫が酔い潰れている間に身体を許す…。
きっかけは…旦那の為、息子の為とは言っても、今では自分の快感のため?それでも花弁は濡れちゃう人妻たちはなんとも美しい! 波多野結衣・島津かおる・大崎静子 ドラマ

きっかけは…旦那の為、息子の為とは言っても、今では自分の快感のため?それでも花弁は濡れちゃう人妻たちはなんとも美しい! 波多野結衣・島津かおる・大崎静子

夫のため、息子のため。自らが背負った運命のため。自らをささげる人妻達たちと弱みに付込み存分に味わい尽くす男達。その甘く熟れた果実のような柔肌を舌たる感触。舐めろと言えば舐めざるをえない状況でも濡れるマ○コ。これは挿れずには入られないでしょ?
20名の人妻を徹底的に寝取る(NTR)!!! ドラマ

20名の人妻を徹底的に寝取る(NTR)!!!

他人の愛妻たち20人を徹底的に犯しヤリまくる!!溜め込んだ超濃厚ザーメン大量中出し!!!孕め孕め!!お前は俺のモノだ!!!!☆純愛不倫NTRもたっぷり収録☆寝取らずにはいられない人気女優が勢ぞろい!!!!瞳リョウ/美谷朱里/篠田ゆう/水川スミレ/桐谷なお/君島みお/黒木あおい/KAORI等々…。
スレンダー美熟女に中出し4 10人 スレンダー

スレンダー美熟女に中出し4 10人

10人の美熟女たちが織り成す濃厚で秘められた性。経験豊かな、しなやかな肢体を持つ女たちが欲望のおもむくまま、もっともっとと快楽を貪りあう。美肌で型崩れ無しの美乳、スレンダーならではの激しい腰振り、汗ばんだ恍惚の表情など見応えたっぷり。そんな美しい熟女たちが気持ちイィーと悶え喜ぶ姿!ご堪能下さい。
婿に抱かれた義母 花島瑞江 中出し

婿に抱かれた義母 花島瑞江

娘が婿を取り花島家も安泰と思った矢先、夫に先立たれ未亡人になってしまった瑞江。夫が築いてきたこの家を守るべく娘にも娘婿にも強く言い聞かせていた。休日、娘は買い物に出かけ、婿はダラダラとゲームをしていた。瑞江はだらしない婿にお小言が止まらず、次第にヒートアップ。黙って聞いていた婿だったが、怒りと悔しさで瑞江を襲ってしまう。驚きで抵抗する瑞江だが、荒々しく激しく婿は瑞江を攻めていった。気持ちとは裏腹に瑞江のカラダは過剰に反応し、婿の肉棒をやすやすと受け入れてしまった。激しくも優しいピストンに瑞江の口から吐息が漏れ、婿の発射に合わせるように瑞江も絶頂に達した。そそくさと立ち去る婿の背中を見つめながら瑞江は何を思うのだろうか…。
僕、三十歳叔母さんで童貞捨てれました。 時田こずえ 中出し

僕、三十歳叔母さんで童貞捨てれました。 時田こずえ

僕、30歳。童貞。真面目に生きてきました。この度急な人事で都会に転勤。知り合いもおらず困っていたところこずえ叔母さんの家に少しの間ご厄介になる事に。こずえ叔母さんは旦那さんと気の強い娘との3人暮らし。僕は母以外の女性と話す事なんてないし、ましてや同じ屋根の下に住むなんて考えてもおらず、緊張しまくっていた。厄介になって数日後、緊張のとけない僕は洗濯カゴに入っているブラジャーを見つけた。抜いてなかった僕は急に高まってしまいブラでオナニー。その姿を娘に見られてしまい罵倒されで落ち込んでしまった。そんな僕を心配してこずえ叔母さんが深夜僕の元へ。こずえ叔母さんもさっきの僕の姿をみており、女性との付き合い方を心配してくれていた。僕は思い切ってこずえ叔母さんに告白した。少し困った顔をしたが、意を決したように二人の秘密守れる?と聞き、頷くと僕にゆっくりとキスをきてくれた。そして手と口で僕を気持ちよく発射に導いてくれた…。
再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 守谷多香子 不倫

再婚相手より前の年増な女房がやっぱいいや… 守谷多香子

多香子と別れたのはもう何年も前。大人の多香子と子供の自分。今になって思えば多香子にただ甘えていただけだったんだと思う。今は再婚し、ある程度満足な生活は出来ている。そんなある日、多香子と偶然に再会した。妻が外出している事もあり、多香子を自宅へと誘った。再婚したとかどうとか。思い出話に花が咲き、昔の楽しかった日々を思い出す。そして会話はお互いの夜の話へ。多香子の夫は深酒して寝てしまうらしい。その表情は暗かった。自分も同じ、妻とはセックスレス。その時昔多香子と愛し合った日々がフラッシュバックした。何度も愛し合い求めあった日々。私は多香子に近づき抱きしめると多香子は嫌がった。でもその態度は本気の拒絶ではない事を私は知っていた。やや強引に唇を奪い、多香子の性感帯を刺激した。敏感な反応は昔と変わっていなかった。甘えるように欲しがる眼差し、愛撫も不要なほどに濡れている秘部。数年ぶりの多香子への挿入はとてもスムーズでいやらしいほど絡みついてきた。私たちは夢中で快楽を貪り、お互いに果てた。多香子はゆっくり起き上がるとお風呂場へと向かった。私はシャワー浴びる多香子を抱きしめキスをした…。
義理の息子 性欲の強い息子にめろめろにされた義母 京野美麗 お母さん

義理の息子 性欲の強い息子にめろめろにされた義母 京野美麗

私はダメな母親です。義理とはいえ息子の、娘婿の股間のもっこりが気になってしまって…あんなに立派で硬いものを目の前に出されてしまったらと思うと興奮して眠れないのです…娘の婿が同居して1年。二世帯住宅の京野家はいつも笑顔で溢れていた。今日も食後の団欒に花を咲かせていた。美麗は婿の疲れをねぎらう為マッサージを。肩を揉みつつ視線を落とすと婿の股間がもっこり。今まで気にもしなかったのだが妙に気になってしまった。その後偶然婿の自慰を目撃した美麗は絶句した。婿のアソコは大きく立派で大量の白濁液を噴射させていたからだった。ある夜、美麗は夫との久しぶりに愛し合っていた。が夫は途中で萎えてしまい最後までは出来なかった。そんな美麗の欲求不満は日増しに増えて行き、婿の股間の事ばかり気になってゆく。ある日の午後。娘も夫も外出し、家には美麗と昼寝中の婿。婿が寝返りを打つともっこりが美麗の目に飛び込んできた。急にドキドキが止まらなくなった美麗はゆっくりと婿に近づくと、そっと婿の股間へと手を伸ばしていった…。
憧れの女上司と 八木あずさ 不倫

憧れの女上司と 八木あずさ

厳しくも優しく指導してくれる上司八木さん、僕は憧れとほのかな恋心を抱いていた。ある日僕が体調不良で休んでしまった時、八木さんが心配してお見舞いに来てくれて…あづさは部下についた彼を厳しく指導している。真面目で間違いも素直に認め頑張る彼を一人前に育てる為。だが、たまに見せる表情や、つい目に入ってしまうあずさの胸を見てしまって戸惑う姿を見ていると愛おしく感じてしまっていた。ある日、彼が体調不良で休んだ。あずさは仕事が手につかず、思い切って彼の部屋へとお見舞いに出かけた。辛そうに寝ている彼を介抱していると、彼はあずさの手を握りありがとうございますと言った。彼に言葉にの胸は高まり、今にも押し倒してしまいたい衝動に駆られ、自身の痴部が疼くのを感じた。あずさはそっと部屋を出ると、スカートをたくし上げた。恥ずかしい程濡れている下着に指を這わせると、彼との行為を妄想してしまった…。