単体作品

一緒の大学合格したら告白しようって思ってた片想いの幼馴染が、俺の親父に寝取られて知らない男達からも中出しされまくっていた。 沖田里緒 3P・4P

一緒の大学合格したら告白しようって思ってた片想いの幼馴染が、俺の親父に寝取られて知らない男達からも中出しされまくっていた。 沖田里緒

『里緒とは子どもの頃からの仲で、いわゆる腐れ縁ってやつだ。ずっと親友だと思ってたけど、最近、里緒を異性として見てしまうことがある。はじめは里緒をそういう目で見ることに罪悪感を感じてたけど、やっと自分の正直な気持ちに気付いた。俺、里緒のことが好きだ。よし、一緒の大学合格したら俺、里緒に自分の気持ちを伝えよう!』と思っているうちに自分の親父に寝取られてしまう話。
「私…学生時代、躰に刻み込まれた性調教の傷が、また疼き始めたの…」 岬あずさ 3P・4P

「私…学生時代、躰に刻み込まれた性調教の傷が、また疼き始めたの…」 岬あずさ

ITサービス関係の企業に勤める夫・洋二と暮らす若妻・あずさ。彼女は、かつて不貞な遊びに興じる学生で地元ヤクザ達の慰みモノになっていた経験があった。そんな日々から逃れたく東京に出て必死に勉強し洋二が勤める会社に入り彼と結婚した。現在は過去とは打って変わり清楚な大人の女になった……はずだった。ある日、かつて自身を手篭めにしていた男達があずさを訪ねてくる。拒むコトは出来ず、そのカラダを舐られてしまい…。
若妻は元同僚たちの共同所有物 木葉ちひろ 3P・4P

若妻は元同僚たちの共同所有物 木葉ちひろ

専業主婦のちひろは夫の給料も良く、何不自由無い暮らしを送っている。だが、ちひろには秘密があった…。それは事務員時代に会社の男達から共同所有物として毎日、弄ばれていたこと。そんなちひろを夫・卓也は知らなかった。ある日、卓也の留守中にちひろを輪わしていた男達のリーダー格・北が訪れ「そろそろ体が疼いて来た頃だろう?」と迫る。ちひろは捨てたはずの淫乱極まりない過去の自分から逃れられず、体を許してしまい…。
官能小説 息子の嫁 〜美人妻、淫靡な秘蜜〜 友田彩也香 ドラマ

官能小説 息子の嫁 〜美人妻、淫靡な秘蜜〜 友田彩也香

結婚5年目を迎える主婦の理絵。元々生真面目な性格の夫は昇進をきっかけに仕事仕事の毎日ですれ違いの生活を送る日々を過ごしていた。性生活も半年以上セックスレス状態、そんな生活の中で理絵は別の楽しみを見つけていた。義父のイヤらしい視線に気が付いた理絵はワザと義父の前で短いスカートで誘惑するのが習慣に…。夫が出張で出かけたある日、遂に行動に移す。結果遂にお腹には…。
知らず知らずの他人棒 女房とのSEX中に目隠しさせておいてシレッと途中で隠れていた同僚とバトンタッチしてみました… 森ほたる イタズラ

知らず知らずの他人棒 女房とのSEX中に目隠しさせておいてシレッと途中で隠れていた同僚とバトンタッチしてみました… 森ほたる

結婚6年目子供ひとり…お陰様で夫婦仲は良好でいわゆる夜の営みの方も月に何度かの頻度でそれなりにはあったのですが…。恥ずかしながら私タンパクな体質なのか、若い頃からソッチの方があまり強い方ではなくてですね…先日の晩、私の同僚と、我が家で一杯飲みまして…。その際に、そんな話題を話しておりましたら、同僚が真顔でこう言ったのです。「良かったら奥さんに内緒で途中で俺とバトンタッチしてみないか?」と。…ええ。
夫が出張に出たその日から豹変した義息子…強制中出し近親相姦×性欲処理のセックス調教された義母…2 八乃つばさ 中出し

夫が出張に出たその日から豹変した義息子…強制中出し近親相姦×性欲処理のセックス調教された義母…2 八乃つばさ

夫が出張にでかけた矢先、いきなり豹変した義息子は義母・つばさを檻へ閉じ込め調教を始める…!無理やりチ○ポ咥えさせてフェラチオ奉仕を仕込み、卑猥な淫語を言わせてオナニー強要…「ダメ!やめて~!」と懇願しても息子は容赦なくチ○ポ突っ込み、当たり前のように生中出し近親相姦!歪んだ性愛の中にも快楽を感じてしまったつばさは、いつしか従順なメス犬となり…近親相姦SEXで「気持ちイイ!イク~!」と何度も絶頂!
立ちハメ限定!足ガックガクSEX 音羽文子 3P・4P

立ちハメ限定!足ガックガクSEX 音羽文子

人気急上昇中のフェロモン熟女・音羽文子が「立ち限定」SEXに挑戦する本作。感度良すぎる熟裸体は立ちオナニーでいきなり気持ちよすぎてお漏らし!こんなに足を震わせ感じてるのに最後まで立っていられのか…?そんな心配は無用でした…なぜなら、何度イッてフラフラになっても男達が強制的に立たせて再び激イカせする強制絶頂輪姦を始めたから!「カカシ」立ちSEX、立ちバックで突かれまくった文子は絶叫しながら大量失禁!
夫が出張に出たその日から豹変した義息子…強制中出し近親相姦×性欲処理のセックス調教された義母… 柚月ひまわり 中出し

夫が出張に出たその日から豹変した義息子…強制中出し近親相姦×性欲処理のセックス調教された義母… 柚月ひまわり

夫のいないところで義息子に檻で飼われるひまわり。檻から出されたと思ったら無理やりチ○ポ咥えさせられ喉奥で口内射精!それでも終わらず、剛毛マ○コにブチ込まれたらバックで突かれて近親相姦&生中出し!いいなりになるしかないひまわりは、首輪を付けられ息子のチ○ポを従順にしゃぶり性奉仕。自らチ○ポにまたがり挿入すると、ガニ股騎乗位で腰振り近親相姦快楽に喘ぎ…気づけば息子の従順なメス犬に変わり果てていた…!
おもらし大好きです。ず〜っとアナタを見つめながら淫語×中出し×快楽失禁SEX 何度イッても何度おもらししてもずっとずっとカメラ目線でイキまくります。 森沢かな 中出し

おもらし大好きです。ず〜っとアナタを見つめながら淫語×中出し×快楽失禁SEX 何度イッても何度おもらししてもずっとずっとカメラ目線でイキまくります。 森沢かな

全編カメラ目線でアナタをずっと見つめながら快楽お漏らしSEX…。今回の森沢かなはいつもと違った痴女ぶりを積極的に見せてくれた!カメラ目線でオナニー&お漏らしぶっかけ。勃起チ○ポをハメても、男をちんぐり手コキで悶えさせても、視線はず~っとカメラ目線。ペット男のクンニで感じて快楽お漏らし&中出しSEX!大量失禁の間も、膣内射精されてる瞬間も、森沢かなの視線はずっとアナタを見つめてます…!
私と結婚してくれなかった最低な元カレと1泊2日中出しされまくり婚前裏切り温泉旅行 花咲いあん デジモ

私と結婚してくれなかった最低な元カレと1泊2日中出しされまくり婚前裏切り温泉旅行 花咲いあん

婚約が決まって一月後に結婚式も控え、幸せな日々を過ごしているいあん。ある日、元彼から「もう一度会ってくれ」と突然の連絡。結婚するつもりで付き合っていたのに断られて結婚してくれなかった男。それ以来、人生で一番嫌いな男としていあんの歴史に残った。断ろうと心に決めつつも、最後だからという話を信じ、そのまま1泊2日の温泉旅に-久しぶりに会った二人は燃え上がり、生中出しを繰り返してしまう-。
黒人ホームステイNTR パンツに収まらない極太の円柱編 神宮寺ナオ デカチン・巨根

黒人ホームステイNTR パンツに収まらない極太の円柱編 神宮寺ナオ

【祝!初黒人解禁】父の会社の関係で黒人がホームステイに来る事になりました。風呂上りにパンツでウロウロする黒人。中央が垂れ下がり今にも脱げそうでした。彼と花札をしていると立ち上がった勢いで極太の黒い円柱が出ました。ゲームに勝った彼は何を思ったのか私の顔に股間を押し付けて来ました。息が出来なくなりOKと言いながら私のアソコに挿れて来ました。「止めて!裂けちゃう!」お腹の下が膨れているのが見えました。
「AV男優に抱かれてほしい-」ネトラセラレ本物人妻AVデビュー 花咲里菜 3P・4P

「AV男優に抱かれてほしい-」ネトラセラレ本物人妻AVデビュー 花咲里菜

結婚して2年。1年前に夫から寝取られ願望があることを告白され、彼女は戸惑いつつも、夫の趣味に合わせて寝取られるように、カップル喫茶に行ったり、駅のホームで露出したりのプレイを始めるようになった。夫は、AVを見ていると女優を妻・里菜に置き換えるという。AV女優がやられていることを里菜がしたら、どうなるんだろうと想像するという彼の願いを叶えるためデビューした人妻の中出し不倫ドキュメント。
何度もイカせてくれたセフレの追撃ピストンが忘れられなくて… 迫田由香里 デジモ

何度もイカせてくれたセフレの追撃ピストンが忘れられなくて… 迫田由香里

かつて息子の友達・佑介とセフレ関係だった由香里だったが、家の都合で彼が引っ越してしまい、現在はセックスレスで欲求不満の日々を送っていた。数年後、偶然の再会にあの日のときめきを思い出した由香里は我慢できず身体を重ねてしまい…。何度イっても止まらない佑介の激しいピストンの衝撃は事後も残り、彼女の身体を疼かせるのだった。かつての快感を思い出した由香里は我慢できず、再び佑介を求めて…。
あの男の醜い精液を私は朝昼晩と飲まされ続けています―。精飲 『本物精子』×凌辱ドラマ 大沢カスミ ごっくん

あの男の醜い精液を私は朝昼晩と飲まされ続けています―。精飲 『本物精子』×凌辱ドラマ 大沢カスミ

会社の上司で学生時代の先輩だった大塚を夫の徹が連れて来た。昔から子分のように扱われていた徹は今でも屈辱的な扱いを受けカスミは我慢の限界を感じていた。そんなある日、その大塚にカスミは犯されてしまう。そして、快楽の絶頂に達し噴出した濃厚な精液を口へと注がれてしまうのだった。愛する夫の為…恥辱に悶えながらも飲み干すカスミを、大塚は更に朝昼晩と犯し続け、その都度溢れる精液を飲ませ続けていくのだった…。